社名の由来

 

 

「プレセナ」のルーツ

当社の社名である「プレセナ」という言葉は、当社創業の3年前に代表の高田が著書「ロジカル・プレゼンテーション」の主人公が勤務するコンサルティングファームの社名として創り出した言葉です。
著書に登場させる社名である以上、実在してはなりません。また読者の印象に残る語感である必要があります。そう考えた高田は、様々な言語の、様々な意味を持つ単語をランダムに組み合わせて1万語近くの単語を発生させ、その中から「語感が良く、インターネット検索で何もヒットしない」、プレセナ(Precena)という単語を選び出しました。つまり、プレセナという言葉は「偶然の産物」です。その後、「社名が偶然の産物ではあまりに格好悪い」ということで、「社名の由来を後付けで考える」という取り組みが行われました。しかし、1万語の中から選ばれた偶然の産物である「プレセナ」という単語に、誰もそれらしき意味を付けることは出来ませんでした。

今となっては、それこそが「プレセナ」の大きな意味であると現在の我々は考えています。世界中で1つしかない中立的な名前は、時代に流されることのないユニークで普遍的な価値を、全てのビジネスパーソンに広く提供するという当社の目標を表していると考えています。
また、正直に乱数で発生させた経緯をたどってみると、プレセナの「プレセ」という部分は、フランス語の「empresse:エンプレセ」の後ろの3文字が取られていました。英語で言えばwilling、eager、つまり「熱心な」「賢明に尽くす」という意味。そして最後の「ナ」は、何と日本語の「完璧な」という単語から取られた「な」でした。これは、様々なカスタマイズやすりあわせを行って「お客様に尽くし」、あくなき改善によって「より完璧なサービス性能・品質を目指す」という当社の姿勢を表していると考えています。

「ストラテジック・パートナーズ」に込めた思い

一方、後半の「ストラテジック・パートナーズ」には設立時の思いが込められています。「ストラテジック」とは戦略的、つまり我々は常に企業の経営的、戦略的な視点に立って行動をするという意味が込められています。我々が「研修サービス」、「人事サービス」、「教育コンテンツ」の提供といった視点ではなく、あくまでも「企業経営に役立つ考え方や行動様式」の提供という視点からサービスを展開している理由はここにあります。
また「パートナーズ」とは、共に歩む仲間、という意味が込められています。「コンサルティング」のように、相談者としての第三者的・傍観者的な立場は取りたくない。長期的な視点で、お客様の抱える経営課題を、自分の問題として同じ高さの目線で考える当社の姿勢は、ここに由来しています。