出版物

書籍

「ロジカル・プレゼンテーション就活
面接・グループディスカッション対策 2018年度版
(日経就職シリーズ)」 高田貴久著 日経HR編  
(日経HR:2016年12月発売)
発行部数 年間約12,000部
「ロジカル・プレゼンテーション就活
エントリーシート対策 2018年度版
(日経就職シリーズ)」 高田貴久著 日経HR編 
 

(日経HR:2016年11月発売)
発行部数 年間約12,000部
問題解決 「問題解決」 高田貴久+岩澤智之 著
(英治出版:2014年3月発売)
kindle版 kobo版
発行部数 40,000部(2016年11月現在)
ロジカル・プレゼンテーション 「ロジカル・プレゼンテーション」 高田貴久 著
(英治出版:2004年2月発売)
kindle版 kobo版
発行部数 56,000部(2016年11月現在)
「ロジカル・プレゼンテーション(韓国語版)」 高田貴久 著
kindle版 kobo版
(2007年8月発売)

 

「問題解決(韓国語版)」 高田貴久+岩澤智之 著

(2016年9月発売)

 

雑誌寄稿

PRESIDENT プレジデント 2009年4月13日号 「PRESIDENT プレジデント」 2009年4月13日号
(プレジデント社:2009年3月23日)
年収1800万の勉強法
「整理&記憶装置」面白いぐらい頭に入る
プレセナ・ストラテジック・パートナーズ 代表取締役 高田貴久
PRESIDENT プレジデント 2008年8月18日号 「PRESIDENT プレジデント」 2008年8月18日号
(プレジデント社:2008年7月28日)
年収2000万のプレゼン術
年収2000万社員 vs 500万社員 徹底比較
プレセナ・ストラテジック・パートナーズ 代表取締役 高田貴久
Think!(シンク) 2008年 春号 「Think!(シンク)」 2008年 春号
(東洋経済新報社:2008年春号 Serial Articles )
論理だけでは不十分!
事実から考える“ファクトベース思考” 第4回 ファクトを読み解く
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
PRESIDENT プレジデント 2008年3月31日号 「PRESIDENT プレジデント」 2008年3月31日号
(プレジデント社:2008年3月10日)
一流社員が読む本 二流が好む本
役職別、課題別…厳選300冊一皮むける理論書と伝記の定番
「経営者本」で仕事の意義を理解する
プレセナ・ストラテジック・パートナーズ 代表取締役 高田貴久
Think!(シンク) 2008年 冬号 「Think!(シンク)」 2008年 冬号
(東洋経済新報社:2008年冬号 Serial Articles)
論理だけでは不十分! 事実から考える“ファクトベース思考” 第3回 ファクトを揃える
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
Think!(シンク) 2007年 秋号 「Think!(シンク)」 2007年 秋号
(東洋経済新報社:2007年秋号 Serial Articles)
論理だけでは不十分! 事実から考える“ファクトベース思考” 第2回 ファクトで主張する
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
Think!(シンク) 2007年 夏号 「Think!(シンク)」 2007年 夏号
(東洋経済新報社:2007年7 Serial Articles)
論理だけでは不十分! 事実から考える“ファクトベース思考” 第1回 ファクトで考え、判断する
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
日経ビジネスアソシエ 2007年4月17日号 「日経ビジネスアソシエ」 2007年4月17日号
(日経BP社:2007年4月3日発売)
特集1 実践ビジネストレーニング
02 説得力ある企画・報告をするための 縦横トレーニング(024p)
PRESIDENT プレジデント 2007年3月5日号 「PRESIDENT プレジデント」 2007年3月5日号
(プレジデント社:2007年3月5日)
発想力とアタマの出来は関係ない
特集:思いつく力
ロジカルシンキングの壁を打ち破る最新セオリー
最先端ツール!「クリエイティブ・シンキング」入門
思考の偏りを自覚する  常識の壁を突破する  新しい視点を取り入れる……
増収の課題「ありそうでなかった」解き方10
薄利多売に決別、高級路線に乗り換える → セゾンファクトリー
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
Think!(シンク) 2006年 秋号 「Think!(シンク)」 2006年 秋号
(東洋経済新報社:2006年10月23日発売)
顧客視点から生み出し、進化させる製品コンセプト
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
PRESIDENT プレジデント 2006年8月14日号 「PRESIDENT プレジデント」 2006年8月14日号
(プレジデント社:2006年8月14日)
特集 本当のようなウソを見抜く!
──ここが違う! 本質が見える人、ダマされる人
ロジカルシンキングをしのぐ問題解決への「最終兵器」
「正解への最短ルート」仮説思考入門
利益率でユニクロ超すハニーズ「最短35日の商品開発術」
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
「脳の鍛え方」入門 「脳の鍛え方」入門
(プレジデント編集部:2006年7月発売)
企画立案、交渉・商談、アポ取り、会議、ノルマ達成に効く!
企業のトップ、大学教授――人たちに聞く「発想活性化法」
第3章: 「マンネリ頭」に効く処方箋
なぜ日本人は構想力がないのか。
なぜ本質に気づかないのか
9割の人は「頭の使い方」が間違っている
「論理的な人になる」二つのスキル・五つのステップ
実証!見えない答えが見える「思考プロセス」
高田貴久 プレセナ・ストラテジック・パートナーズ代表取締役
PRESIDENT プレジデント 2006年3月20日号 「PRESIDENT プレジデント」 2006年3月20日号
(プレジデント社:2006年3月20日)
特集 「考え方」革命
な「論理的な人になる」2つのスキル・5つのステップ
実証!見えない答えが見える「思考プロセス」  ●高田貴久
Think!(シンク) 2004年 秋号 「Think!(シンク)」 2004年 秋号
(東洋経済新報社:2004年10月18日発売)
<Reforms>マブチモーターの変革に見る仮説検証アプローチ
マブチモーター社長付兼経営企画部経営補佐職 高田貴久

その他

  • 朝日新聞社 AERA 「外資系金融、コンサルへの就職」 (2003年7月)
  • 月刊宝島 ビジネス書評(2004年5月)
  • NTTグループ社報「Spire」「会議の設計」(2004年7月)
  • 日経キャリアマガジン「ビジネスマンの時間有効活用術」 (2004年7月)
  • NTTグループ社報「Spire」「ティーチング」(2004年8月)
  • 宝島社「SMART MAX」「有名人のカバンの中身」(2004年9月)
  • リクルートR25「企画書がスイスイ書ける発想塾」(2004年11月)
  • type社「できるオトコはONもOFFもストイック」(2005年5月)
  • 先見経済「経営者のプレゼン力を鍛える」(2005年11月)
  • 月刊ビジネスデータ「グンと差がつくメモ術!」(2007年5月)
  • リクルートR25「どうして上司はボクの話にうなずいてくれないの?」(2007年6月)

など多数