過去の開催セミナー
問題解決型リーダー育成プログラム

プレセナ・ビジネススキルセミナー

~自分らしく、組織を導く方法論~

終了しました

■問題解決できないのに、リーダーが務まりますか?
■問題解決ができたら、リーダーは務まりますか?
自ら高い目標に基づく課題を設定し、 部下を牽引しながら問題を解決する。本セミナーは、リーダーに必要とされる「問題解決」と「リーダーシップ」を体系的に学ぶ講座です。

日時
2010/05/17(月) 13:30 - 17:00
対象層
  • 新人
  • 若手
  • 中堅
  • 幹部
  • 営業部
開催場所

東京国際フォーラム

会場詳細

G棟 408会議室 (608会議室より変更となりました) (MAP)

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

内容

当社は元々、問題解決研修に強みを持っていました。しかしここ最近、「リーダーシップ」の研修も多く手掛けるようになってきました。それはなぜか。
問題が解決できない人に、リーダーは務まりません。進むべき方向が見えないのに、部下に的確な指示は出せないからです。従って、リーダー育成に課題を抱える多くの企業の選抜研修において、当社の「問題解決」が採用されてきました。
しかし、では「問題解決が出来たらリーダーが務まるのか。残念ながら、答えはノーです。進むべき方向性を示せたとしても、結局人がついて来なければ、組織を動かして成果を上げることはできないからです。
「問題解決」と「リーダーシップ」。一見、別の領域に存在するかに思える2つの研修ですが、「幹部育成」という目的の前では、有機的に連携し、一体化しなければなりません。
当社は、体系立ったビジネススキルを提供しています。
御社の幹部育成プログラムは、体系立っていますか?


<当日スケジュール>
第1部 13:30~14:00
 リーダー育成プログラムの全体像 解説
 問題解決 タイプ診断
 リーダーシップ タイプ診断
第2部 14:00~16:30
 主要コンテンツ 一部 体験受講
 課題設定型 問題解決の流れ
 6つのリーダーシップスタイル
質疑応答 16:30~17:00

定員

20名

参加料

当社からご招待の場合、または研修導入をご検討中の方は無料

登壇予定講師 ご紹介

高田貴久 (たかだ・たかひさ)

・1973年11月、大阪府出身。
・東京大学 理科Ⅰ類 中退、京都大学 法学部 卒業。
・世界最古の戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ジャパン)において プロジェクトリーダー・教育担当・採用担当を努める
・クライアントであった、マブチモーター株式会社へ転職。 社長付 兼 経営企画部付・事業基盤改革推進本部 本部長補佐として、改革を推進。
・ボストン・コンサルティング・グループを経て、2006年にプレセナ・ストラテジック・パートナーズ設立
・元グロービス・マネジメント・スクール「クリティカルシンキング」「戦略マーケティング基礎」講師、現・早稲田大学エクステンションセンター「問題解決」「ファクトベース思考」「企画立案」講師。
・東洋経済新報社「Think!」、プレジデント社「プレジデント」などへの寄稿も多数。
・著書に10版増刷のベストセラー「ロジカル・プレゼンテーション」(英治出版)

参加される方へ一言

「あなたに言われたくない」と言われてしまったら、講師はおしまいです。「教える」とは、人の前に立つこと。自分自身が努力し、成長することは、大前提。その上で、時間が限られたクラスの中で、いかに受講者と信頼関係を構築し、本音で議論が出来る環境を作るかが、クラス運営の鍵だと考えています。
自分の講師スタイルを一言で言えば「レシーバー」です。グロービス時代も受講者には良く「高田さんはスーパーレシーバーだ」と言われていました。講師が厳しく攻撃的に受講者を指摘するスタイルもあるかもしれませんが、相手に気付きを与えるためには、相手の発言を拾い上げ、解釈し、意味を問い直す方が、効果的であると自分は考えています。しっかり納得して考えさせる。これが私の方針です。

本セミナーは終了しました