過去の開催セミナー
課題設定型問題解決研修

プレセナ・ビジネススキル・セミナー

自ら課題を設定して問題を解決する

終了しました

問題意識がないことが、最大の問題である

日時
2010/12/14(火) 9:30 - 18:00
対象層
  • 若手
  • 中堅
  • 幹部
  • 営業部
開催場所

東京国際フォーラム

会場詳細

G棟 404会議室 (MAP)

東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

内容

会社が赤字だったとして下さい。放っておくと倒産しますから「赤字で何が悪い?」と言う人はおらず、「なぜ赤字になったのか?」「どうすれば黒字化出来るか?」が当然のように議論されるでしょう。
では、会社の利益率が1%だったら…? そのまま放置しても倒産することはありません。だからといって、現状のままで良いのでしょうか。「やっぱり5%は必要だ」「いや、10%だ」など、自ら高い課題を設定して「現状はそこに到達していない」と考えなければ、現状からの進歩はありません。
一見、普通で問題がない状態に見える場合、人は問題意識を持たないことがあります。しかし自ら高い課題を設定すれば、問題がなさそうな現状にも様々な課題が見えてきます。
「問題意識がないこと」が、最大の問題なのです。


<プログラム概要説明>
・発生型と課題設定型、2つの問題解決の違いについて学ぶ
・現状復帰型、あるべき姿達成型、リスク回避型、それぞれの打ち手を考える
・対策を実行計画に落とし込み、PDCAを回して成果に結びつける


<当日スケジュール>
9:15~ 受付開始
9:30~ はじめに
9:40~ 2つの問題解決
10:30~ 現状の把握
11:45~ 昼休み
12:45~ 環境分析と目的確認
14:30~ あるべき姿・リスクの検討
17:00~ 対策の立案・実行計画構築
18:00 終了

定員

24名

参加料

1名様無料、2名様以降は会場実費分として1人5,000円(税抜) ※ただし企業の人材育成ご担当の方のみご参加頂けます

登壇予定講師 ご紹介

古川 剛 (ふるかわ・ごう)

・1969年12月、神奈川県出身。
・芝浦工業大学工学部卒業。
・三菱電機株式会社経営情報システム部、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社のマネージメント・コンサルタントを経て、2008年にプレセナ・ストラテジック・パートナーズ参画。
・早稲田エクステンションセンターにて「問題解決」を担当
・トヨタ自動車のリーダーシップ教材開発、豊田通商での問題解決教材開発を担当する他、三菱商事グループ向け、丸紅、コクヨ、その他大手化学メーカー、IT企業、SIerを中心に、「問題解決」、「プレゼンテーション」、「アカウンティング・ファイナンス」、「実践型MBAコース」などの研修を担当。

参加される方へ一言

私が大切にしていることは双方向のコミュニケーションと、そのための雰囲気作りです。


ビジネススキルは、何も目新しいものばかりではありません。できている人は、できている。だから、受講者自身にも既にできていることがあるはずです。もちろんまだできていないこともたくさんあるでしょう。


しっかりできていることは、自信を持って使いこなせるように。
なんとなくできていることは、いつでもコンスタントに使いこなせるように。
まだできていないことは、意識して使っていけるように。
私のクラスを受けた後には、そんな風になっていて欲しいと考えています。


ですから受講される方には、いま持っているものを、まずは研修の場で出しきってもらいたい。深く考えて活発に議論し、積極的に発言してもらいたい。そのために、リラックスしながらも程よい緊張感のある雰囲気作りを意識しています。そうして出てきたアウトプットに対しては、できていることとできていないことをしっかりとお伝えします。持っているスキルと新しく覚えたスキルとを合わせて、実際に仕事をするときに取り出しやすく、使いやすく、整理して覚えて帰ってもらいたいと願っています。


講師が一方的に話すのではなく私と受講者とで会話しながら、楽しく、時には厳しく、講義を進めていきます。

本セミナーは終了しました