過去の開催セミナー
営業マネージャー研修

プレセナ・ビジネススキル・セミナー

組織力で中長期的成果を創出する

終了しました

メンバーの構成と能力を見極め、仕事と目標を割り振る。
進捗状況に応じて、適切なサポートを行う。
営業マネージャーにとって必須スキルを習得する研修です。

日時
2010/12/01(水) 13:30 - 17:00
対象層
  • 営業部
開催場所

東京国際フォーラム

会場詳細

G棟 404会議室 (MAP)

東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

内容

「売上を出したプレーヤーが、教育もなくマネージャーになることにより、マネージャーの役割も理解しないまま現場を率いている。」「そのことで部下が疲弊してしまっていたり、顧客対応に劣化が生じてしまっている。」御社の営業組織に、そのようなお悩みはないでしょうか。
輝かしい業績を上げたプレーヤーが、マネージャーとしても優れているかというと、そうではないことは言うまでもありません。むしろ、自分の成功体験に固執し、そのまま同じことを部下にやらせようとして、売上が上がらず、できない担当者のせいにしてしまうケースが散見されます。
弊社の営業マネージャー研修は、これまでプレーヤーとして自信をつけてきたマネージャーに、管理の必要性と自分に足りていない点を気付かせ、スキル習得への動機付けをします。
その上で、組織目標の達成に向けて、メンバー構成や能力を把握した上で仕事と目標を割り振る方法や、 進捗状況を踏まえてサポートする方法を習得させます。
営業組織が「組織として成果を出す」ために、営業マネージャーの育成は重要課題です。


<プログラム概要説明>
・組織として目標を達成するために、単に分解した目標数値を部下に割り振るのではなく、やるべきことを洗い出し、部下に割り振り、各人の目標を設定するプロセスを習得する
・部下に仕事を割り振る際には、メンバー構成や能力を把握した上で、短期的成果に目を向けるのではなく中長期的成果創出のため人材育成の観点も忘れずに仕事を割り振る方法を学ぶ
・部下からの信頼や協力を得るために、自分のやり方を押し付けるのではなく、「率先型」で背中を見せたり「民主型」で意見を聞いたりするなど、状況に応じて「リーダーシップスタイル」を使い分ける必要性を学ぶ


<当日スケジュール>
第1部 13:30~14:00
 組織マネジメント研修の全体像 解説
第2部 14:00~17:00
 研修内容 一部体験受講  ケーススタディ「オフィスコピー機販売の支店長」

定員

24名

参加料

2名様まで無料、3名様以降は会場実費分として1人2,000円(税抜) ※ただし企業の人材育成ご担当の方のみご参加頂けます

登壇予定講師 ご紹介

北原 孝英(きたはら たかひで)

・日本大学 国際関係学部 国際関係学科卒業。
税理士事務所系の経営コンサルティング会社に入社し、多数の企業における経営改善指導を実施。
・数年後に「現場経験のなさ」を克服すべく、厳しい訪問販売会社に飛び込む。3年の在籍で全国700名中2位の営業成績を記録。同時に管理職として多数の営業マンを束ねる。
・現場経験を積んだ後、再びコンサルティング会社に復帰。株式会社日本経営システム研究所では教育研修事業部長として企業幹部の指導にあたる。
・教育系ベンチャーのアルー株式会社では、エグゼクティブ・インストラクション・マスターとして、多くの企業で講師登壇する傍ら、社内講師の育成を担当。
・当社参画後は、21年に及ぶ講師経験を活かし、メーカー、商社、金融、流通など多くの企業で「問題解決」「ロジカルシンキング」といった思考系科目、「リーダーシップ」「部下指導」などのヒューマンスキル科目などの幅広い科目を担当。
・「パッション(情熱)とロジック(論理)の両立」を実現した ”熱い講義”が好評で、リピート依頼が後を絶たない。

参加される方へ一言

私の担当するクラスは、常に熱気に満ち溢れています。私は回答そのものを提示するというよりも、受講生の皆さんに示唆やヒントを与え、そこから皆さんの可能性を引き出して行きます。研修の主人公は講師ではありません。私は研修運営上の大きな「舵取り」はします。でも、研修の本当の主人公は皆さん方ご自身なのです。皆さん方、お一人お一人なのです。
近い将来、実際にクラスの中で皆さん方にお会いできる日が来ることを心待ちにしております。

本セミナーは終了しました