過去の開催セミナー
問題解決講座

プレセナ・ビジネススキル・セミナー

全てのビジネスパーソンに必要な「思考のOS」

終了しました

その打ち手(HOW)は本当に意味がある?
「HOW思考の落とし穴」に陥らないこと!

日時
2015/02/18(水) 9:30 - 18:00
対象層
  • 新人
  • 若手
  • 中堅
  • 幹部
  • 営業部
開催場所

ベルサール飯田橋駅前

会場詳細

Room 2+3 (MAP)

東京都千代田区飯田橋3‐8‐5

内容

例えば皆さんが同僚に「体調が悪い」と相談されたとして下さい。何と答えますか?
「病院に行ったら?」「薬を飲んだら?」・・・こういうアドバイスは容易に考えられます。 しかし本当にこれらの「打ち手」は意味があるでしょうか。もし同僚が寝不足や二日酔いだったら? 病院に行く必要もなければ薬を飲む必要もないでしょう。つまり、「原因」を考えなければ「打ち手」に意味があるかどうかはわかりません。では「飲み過ぎだろう」「寝不足なんじゃないか」と、いきなり原因から考えて良いでしょうか。もし同僚が足をけがしていたら? 飲み過ぎでも寝不足でもありません。このように問題解決はまず、「問題の所在」から考える必要があります。
我々はこのように、問題の所在や原因をしっかりと考えることなくいきなり「打ち手」すなわちHOWから考えてしまい、無駄な行動をしていることが多々あります。若手・中堅社員の場合このような「HOW思考の落とし穴に自分が陥らない」ことが大切ですが、幹部社員となれば逆に部下を「HOW思考の落とし穴に落とさない」ことが大切です。
職種を越えて、全てのビジネスパーソンの「思考のOS(オペレーティングシステム)」となるのが、問題解決思考なのです。


<プログラム概要説明>
・問題解決の基本の「型」を知り、自分がどのような思考特性かを知る
・問題解決の流れに沿って、必要となる思考スキルや知識を学ぶ
・ビジネスケースで問題解決を行い、実際の仕事で使えるレベルの問題解決力を身につける


<当日スケジュール>
 9:30~ 問題解決思考力チェック
10:00~ 問題解決の3ステップ
12:00~ お昼休憩
13:00~ 問題所在の把握
14:30~ 原因の追究
15:30~ 対策立案
16:00~ ビジネスケーススタディ
17:30~ 質疑応答
18:00  終了

定員

36名

参加料

1名様無料、2名様以降は会場実費分として1人5,000円(税抜) ※ただし企業の人材育成ご担当の方のみご参加頂けます

登壇予定講師 ご紹介

岡安 建司(おかやす・けんじ)

・上智大学 経済学部 経済学科卒業
・日本電信電話株式会社(NTT)入社。分社後NTTコミュニケーションズ株式会社に勤務
・人事制度設計・運用、販売チャネル事業企画立案、ネットワークシステム構築、通信サービス販売、など幅広く業務に従事
・その後人事部門での業務経験を活かし、組織人事系コンサルティングファームのマーサー ジャパンへ転職
・情報通信、製造、サービス業を中心に、人事制度改革や社員育成など人材マネジメント領域全般のコンサルティングに従事。人材教育、アセスメント、営業力強化の専門チームに所属
・その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

参加される方へ一言

私は、受講される皆さんに、「なるほど!」と「腹落ち」して頂くことを第一に心掛けています。
語学と一緒で、ビジネススキルは一朝一夕に身に付くものではありませんので、反復練習が必要になりますが、使うことに疑問を抱いている状態では、なかなか繰り返し使おうと思うことができません。
クラスでは、相互にコミュニケーションを取りながら、以下のプロセスについて、皆さんの状況を確認していきます。
  ・まずはビジネススキルを「知る」
  ・グループワークを通じて「実際に使う」
  ・使いながらその「効果を実感する」
  ・実感した内容について「現場で使うイメージを持つ」
上記プロセスの中で、私自身の経験も交えながら現場でどのように使えるのかをご紹介し、最終的には「納得感」と共にビジネススキルを持ち帰って頂きたいと考えています。

本セミナーは終了しました