多様な働き方

ライフステージにあわせた働き方の追求

プレセナでは通常の仕事の仕方以外に、社員がライフステージに合せて長く仕事ができるよう、様々な制度を作り、運用しております。こちらではその一例を紹介いたします。

産休・育休の取得

これまでに産休を取得した社員は5名おり、出産や育児を理由に退職した社員はいません。また出産時には会社から祝い金なども出ます。産休後の育児休暇についても、ほとんどの社員が1年以上の期間で取得しているほか、男性社員についても妻の出産後に育児休暇扱いで時間短縮勤務などを行った例もあります。

日数短縮勤務

勉強をしたい、家庭の事情で時間が欲しい、などの理由から週5日勤務ではなく、週3~4日と日数を短縮して勤務をしていた社員もおります。勤務日はしっかりと仕事をすることが前提ではありますが、ビジネスアワーの100%を仕事に費やさないという生き方もまた本人の自由であるという考え方です。(なお基本給部分のみは短縮率に応じて減額されますが、手当やインセンティブについては満額支給されます)ビジネススクールに通いながら、授業がない時には勤務するといった働き方が可能です。

時間短縮勤務

類似の考え方で、日数ではなく時間を短縮して勤務していた社員もおります。1日5時間、6時間など短縮した上で早めに帰るという勤務形態です。こちらも就労時間中はしっかりと仕事をすることが前提ですが、早く帰るのもまた本人の自由だという考え方です。(同様に基本給部分のみ短縮率に応じて減額されますが、手当やインセンティブについては満額支給されます)育児のために早く帰ったり、また夜間学校に通ったりするなど使い方は様々です。

遠隔地勤務

結婚など諸事情により東京に居住できなくなった場合にも、遠隔地に在住しながら勤務を続けるという選択肢があります(現在も札幌に在住している社員がいます)。プロフェッショナル職の場合、講師登壇はどのみち日本全国ですので東京から向かう必要もなく、また教材開発についてもSkype等で打ち合わせられれば対面で話す必要がありません。営業職・事務職での遠隔地勤務者はまだおりませんが、仕組み化・IT化が進んでいる当社においては「物理的に東京にいなくてもできる仕事」が多々あるため、ロケーションにとらわれない働き方が可能です。

 

なお、いずれの働き方についても「社員のライフステージの変化」に対応するということを目的とした制度です。最初から日数短縮・時間短縮・遠隔地勤務といった条件での採用は行っておりませんのでご了承ください。