事務職

事務職の役割と位置付け

事務職とは、企業活動の根幹となる、人事・労務・経理・総務などの役割を支えていただく方です。当社はいわゆる事務の仕事を非常に重要視しています。どんなにプロフェッショナル職が講師をしてきても、事務の仕事が回っていなければ、会社は成り立ちません。そのため、請求書の発行、経理データの入力、勤怠管理などがしっかり回るように事務職の方々が活躍しています。

入社後は、研修やOJTを通じて、当社が保有する多くのビジネススキルを身に付け、これまでのご自身の実務経験も活かしながら活躍していただきます。当社はライフワークバランスを重視しております。そのため社員は年間を通じて短期・長期の休暇を取得しながら、ゆとりを持って仕事をしています。

また、産前産後休暇はもちろん長期の育児休暇取得制度、時短勤務制度、有給休暇の分割取得、フレックス勤務などライフスタイルに合わせて働き方を調整できる体制を構築しています。

事務職の業務内容

事務職という職種は、もしかすると世の中一般の「事務職」という概念とは少し違っているかもしれません。「業務職」「総合事務職」という呼び名が正しいでしょうか。事務職というのはプレセナの会社運営の基盤を広く支えている社員です。社内では「プロフェッショナル職がいなくなっても会社は止まらないが、事務職がいなくなると会社が止まる」と言われるほど我々の仕事の根幹を支えている仕事です。

この職種についても、もう少し理解してもらうために、背景から説明しましょう。私たちの会社は、元々経営コンサルタントだった3名で起業しており、最初はコンサルティング案件を中心に手掛けていました。従って設立当初は事務職や営業職という職種はなく、最初に事務職を採用する2008年6月まではプロフェッショナル職だけの会社でした。

しかし、仕事の軸足が人材育成・研修に移動するにつれ、だんだん事務処理の仕事が増加してきました。例えば我々は年間で1400日近い研修を実施していますが、その全てについて日程を調整し、日程を確保し、契約書を作り、請求書を発行する必要があります。また受講者に教材を送付したり、事前課題を出したりと、様々な仕事があります。

また社員の人数が増えるにつれ、採用・給与計算など人事系の仕事、経費精算や交通費精算など経理の仕事、社内の備品発注や会議スケジュール手配など、プレセナの「会社運営」そのものを支える仕事も増えてきました。さらに最近では当社のビジネスモデルはさらに発展を遂げており、お客様を集めるための「マーケティング」の仕組み、また手早くカスタマイズした教材を作るための「教材開発」の仕組みなども確立されており、これらの業務を行う役割も事務職に移管されています。

私たちのお客様は日本を代表するリーディングカンパニーがほとんどであるため、会社そのものの「運営」についても高いレベルが要求されています。お客様に対する請求や契約といった事務手続き関連はもちろんのこと、お送りする資料に乱丁落丁や誤字脱字がないか、梱包状況はしっかりしているか、必要備品の手配漏れはないかなど、高い品質にこだわりきっちりと着実に仕事を回していくことが求められています。とはいえ、初めてでも心配無用です。設立8年の間で培った高い運営ノウハウが蓄積されており、色々と学びながら仕事を続ける中できっと高いレベルで業務がこなせるようになるはずです。

事務職の仕事

具体的な仕事内容

国際業務・研修業務・経理・人事・総務・法務などそれぞれの領域を担当する事務職も随時募集しています。

<国際関連業務>

海外取引のバックアップやシンガポール現地法人の運営を支える業務です。海外オープンセミナーの受付対応や開催準備、現地社員の給与計算・労務・経費精算・経理などを行います。外国人社員と接するため日常的に英語を使います。

<研修関連業務>

当社オペレーションの根幹を支える仕事です。セールスが確定した研修案件について、研修の実施日・金額・科目内容など研修内容の登録、お客様の担当者名や請求先住所など顧客情報の登録、講師や営業担当、教材の難易度、開発担当など社内情報の登録などを行います。全ての業務はこの登録情報を元に行われています。

<経理関連業務>

一般的な経理の業務です。具体的には入金の確認や、振込、それらデータの入力、確認等のお仕事です。プレセナでは、漫然と仕事をするのではなく、効率的に業務を行うことを重視しており、経理業務自体の業務改善も経理業務のお仕事のひとつです。他の業務についてもプロフェッショナル職とともに、業務改善をしています。

<人事関連業務>

採用面談の設定から入社手続きにいたるまでの採用・労務の仕事や、社員の毎月の給与を計算するインセンティブ計算、有給休暇の取得状況確認など様々な仕事があります。

<総務関連業務>

当社の研修は日本全国で開催されています。そのため、プロフェッショナル職の出張が非常に多くなっています。そのような出張の際の宿泊先や移動の手当、また社員が立替えた経費の確認などを事務職が担当しています。このような業務が秘書的業務です。そのほか、備品の管理や、来客対応、電話対応など業務は多岐にわたります。

<法務関連業務>

お客様と締結する契約書の文面の一次確認や、最終確認が終わった契約書の製本・捺印・発送などを行う業務です。締結した契約書はきちんとファイリングし保管・管理します。それ以外にも商標や特許の申請に関わる業務、雑誌記事などを教材として使用する場合の版権申請の仕事などがあります。

求める人材像

まず「ビジネススキルの体系化と普及」という、当社のミッションに共感することが大前提です。人の成長や企業の成長、教育などに興味と「強い」思い入れを持っていることが大切です。「強い」思い入れというのは、単に「人材育成って大事だよね」という一般論的なものではなく、自分の過去の体験や理想像などと照らしながら、具体的にどういう時にどんな思いを持ち、だからなぜ人の成長が大切なのか、を熱く語れるぐらいの思いを持っていれば言うことなしです。

事務職の業務は多岐に亘っています。また「単なる事務」という範疇を超えて、弊社を支える根幹を担っています。従って、様々な仕事を順序よくこなしていく「段取り力」があると同時に、責任感が強く「業務を投げ出さないこと」が大切です。またお客様はリーディングカンパニーばかりですから、「このぐらいでいいや」ではなく「できるだけ追求しよう」という姿勢で、高い業務品質を追求する人が望ましいです。もちろん、社内でコミュニケーションを取りながら多くの社員を支える仕事ですから、サポートが好き、支えるのが好き、社員の笑顔が好き、であることも大切です。これらが全て最初から出来る必要はありませんが、志向性として「そういうのが好きだな」と思える人に来ていただければと考えています。

最後に、これは全ての職種に共通となりますが、我々は「プロフェッショナルファーム」であると同時に「ベンチャー企業」でもあり「研修をやっている事業会社」でもあります。プロとしての誇り、こだわりを持つと同時に、ベンチャー社員としての臨機応変さ、謙虚さ、潔さも必要。そして事業会社の社員のような、組織的な動きや改善マインドも求められます。高いバランス感覚が求められる会社です。

募集職種

事務職

事務内容

◆国際事務関連
◆労務関連
◆経理関連
◆総務関連
◆人事教育関連
◆秘書的業務
◆教材開発サポート
など

給与

スキル・経験を考慮の上、当社規定に基づき決定
※事務職・営業職 平均年収 2013年 523万円、2012年 510万円、2011年 474万円

勤務地

東京の本社オフィス。
入社後の業務見学以外は客先等への外出はなし。
(社内来客対応時はセミフォーマル程度の正装)

待遇・福利厚生

住宅手当・家族手当・配偶者手当・入社時支度金・交通費支給・各種保険完備・人間ドック受診・研修制度(海外への留学等)週休2日制・祝祭日・年次有給休暇・夏期休暇(5日)・年末年始休暇(約10日)・ゴールデンウィーク休暇(5日)・リフレッシュ休暇(2年目より10日間)・誕生日休暇・慶弔休暇・出産休暇・育児休暇
※年間休日140日
※出産休暇・育児休暇については複数名の社員が取得実績あり

応募資格

☆価値観として
◆与えられた役割だけでなく、相手の立場に立って、自分の仕事を工夫できる方
◆広い視点を持って、業務を進められる方
◆気配りを持って、人と接することができる方
◆優先順位をつけて業務に取り組める方
◆得意なことを活かしつつ、幅広いスキルを身につけたい方
◆新しいことにもどんどんトライできる方
◆几帳面に業務に打ち込める方
◆積極的に業務改善などの提案ができる方
◆チームワークを大事にしつつ、臨機応変に動ける方
◆人のために役立てることに喜びを感じる方
☆スキル経験として
◆四年制大学卒以上の方
◆社会人としての基本的なマナーをお持ちの方
◆ビジネス英語を使える方(英語での電話対応、対外的な書類のやり取り等)
◆Officeソフトの使用経験がある方(Word、Excel)
※PowerPointのスキルがある方尚可
◆編集などの経験者歓迎。もちろん未経験でも可

[参考1] 事務職社員の出身校

慶應義塾大学、早稲田大学、青山学院大学、京都女子大学 短期大学部、上智大学、明治大学、北海道大学 大学院、恵泉女学園大学、立教大学 など

[参考2] 事務職社員の前職

大手電機メーカーの役員秘書、中堅メーカーでの事務職、都市銀行の行員、大手出版社の教材編集部門、ITベンチャーでの人事総務部門、地方銀行の行員、大手SIerのSE、法律事務所のパラリーガル・大学職員、国際協力機構(JICA)・海外青年協力隊 など

[参考3] 事務職社員の年齢

20代後半~40代後半まで分散
平均35歳前後

応募方法

現在、マイナビ転職にて応募を受け付けております。下記リンクのマイナビ転職経由にてお申し込みの上、以下の宛先に履歴書・職務経歴書・志望動機書をメールまたは郵送でお送りください。
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-7-10 飯田橋セントラルビル9F
株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズ