プリンシパル 木村知百合

略歴

名古屋大学 文学部卒業、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科修士課程修了(MBA、首席)。アクセンチュアを経て、プレセナ・ストラテジック・パートナーズ創業時より参画。

プレセナに入社したきっかけ

前職時代、交友のあった代表の高田から、「新しい事業をしたい。一緒にやらないか。」と声をかけられたのがきっかけです。スタートアップをするなら、時間の自由と体力がある若い時期にチャレンジしたい、と思っていたこともあり転職を決めました。

現在の業務

現在の主な業務は、研修教材の新規開発、アセスメント開発です。特にMBA卒というバックグラウンドを活かして、知識系科目全般を手がけています。新規開発は、社内外より「こんな教材がほしい」というリクエストを受け、プレセナとして何を教えるべきかを整理し、演習を組み立て、実際の教材に仕立て上げるまでを担います。その他、企画アウトソースデリバリー、及び講師業務も手がけています。

やりがい

教材やアセスメントが形になり、講師の手によって世の中へ出て行く時、自分の仕事を世に問うような、大きな達成感を感じます。プレセナのMBA研修は、「会計は会計」、「戦略は戦略」、ではなく、一見無関係に見える科目の1つ1つが有機的に結合し、一つの教材世界観を構築しているところに大きな特徴があります。その世界観の大きな幹を構築すること、そこから派生した各教材を整合させていくのは、非常にチャレンジングな試みだと考えています。時には、煮詰まらないアイデアを抱えて何日も悶々と過ごすこともあるだけに、出来上がった時の喜びは一入です。

最後に一言

男性にとっても女性にとっても、働きやすく、働きがいのある職場です。 創業以来、社内で第一号の女性プロフェッショナル職として働いてきました。プレセナでは男女の隔たりなく仕事・責任・ポジションが任され、その成果が評価されます。 また私は、3年前に出産し、昨年育児休業より復帰しました。育児中は、予想外の事態で勤務時間を削らざるを得ないことが多く発生します。そのような時も、柔軟な勤務体制や、時間よりパフォーマンスが問われる文化に大きく助けられています。 子どもを産むまでは、創業時の慌しさに加え、新しい仕事にのめり込みすぎる時もありました。しかし今は、メリハリをつけて、家庭を大切にしつつ、仕事のクオリティを追及するようにしています。 共にプレセナの未来を築いて下さる方の、ご応募をお待ちしております。