売上高も利益も追いかけない

プレセナの「ゴール」は売上高や利益の拡大ではない

資本主義社会でビジネスをやっている以上、企業経営のゴールは「利益」であり「株主への還元」であることは否定出来ません。しかし当社では過去から一度も「売上高」や「利益」を目標として掲げたことはなく、追いかけたこともありません。

それには理由が幾つかあります。まず当社のビジネスを考えると、売上高から社員の人件費と、家賃など多少の経費を引いたものが「利益」であるため、利益を出す≒社員の給料を削る という構図となりかねません。短期的な利益追求姿勢は、中長期的な会社の競争力を損なうこととなってしまいます。

また当社の株式は、創業者と役員経験者・社員で保有されているため「株主への還元」を過度に意識する必要がありません。株主と役員・社員が完全に一致しているため、株主個人の利益が会社の利益と一致しており、株主も短期的な自己利益よりは中長期的な会社の発展を臨む姿勢です。

何より大きいのは、創業者の高田が「社長や経営者になりたくて起業した」のではない、ということです。創業者として・大株主としての利益を享受するぐらいなら、社員やビジネスに再投資し、より多くの人たちに「ビジネススキル」を理解してもらうことに価値を見いだしています。

結果として「売上高」や「利益」は、あくまでも私たちがお客様に対して然るべきサービスを提供した「結果」であるととらえられており、「売上高」や「利益」といった目標を掲げて追求するという考えは持っていないのです。

プレセナの経営計画

 

でも「成長や拡大」を志向しないのではない

しかし「売上高や利益を追わない」と言うと、「こじんまりとした、成長しない中小企業」を志向していると受け取られることがありますが、全くそうではありません。

私たちのゴールは「ビジネススキルの体系化と普及」です。体系化させるためには、多くの社員の協力が必要となりますし、普及させるということはすなわち、私たちのサービスのリーチ範囲を広げ、日本中・世界中、大企業から中小企業、法人から個人、企業から学生に至るまで、世界の津々浦々に「ビジネススキル」を広げていくということです。

成長するペースは自分たちで決めることが出来ますが、お客様と深く密接にお付き合いしている私たちの中では「供給責任」という言葉があります。例えば、お客様の中で毎年毎年、プレセナがある一定数の受講者たちの教育研修を担当しているとしましょう。私たちが「成長・拡大」しないために、お客様のご要望に応えることが出来ないとすれば、それは企業としての怠慢と言わざるを得ません。

このようにプレセナでは、「売上高や利益」を目標として追いかけるのではなく、あくまでも増え続けるお客様からのご要望に対して、品質を落とさないよう成長速度をコントロールしながら、きちんとお答えしていくというスタンスで「成長・拡大」しています。

結果としては、設立以来10年以上にわたり、売上高・顧客数・受講者数ともに年率15%~20%の速度で増加し続けています。

「目標」は立てないが「予測」は行う

社内でKPIとなる数字が一切無いのかというと、これもそうではありません。売上高や利益について、「目標」を掲げることはありませんが、妥当な水準の「予測」は常に行っています。

これは企業経営を行う上で当然必要なことですが、売上高がどの程度になりそうかによって、社員数の過不足が決まってきます。社員として採用してから独り立ちするまでに半年から1年半程度はかかるため、常に半年後・1年後の売上高を予測しながら、社員の採用や教育を行っています。

利益についても同じで、どの程度の利益が残るかによって、投資の規模も決まってきますし、社員の給与水準、ボーナスの水準なども決まってきます。

このように、売上高や利益を「目標」として追いかけるのではなく、妥当な水準を「予測」することで、マネジメントに活かしていくのがプレセナの考え方です。