マネジャー 綿田昇太

略歴

京都大学 経済学部卒。 IBMビジネスコンサルティングサービス 人事/組織コンサルタントを経てプレセナ・ストラテジック・パートナーズへ参画。

プレセナに入社したきっかけ

昔から、企業人事に興味があり、最初は人事系コンサルティングの仕事を選びました。そのコンサルティング業務を通じて、人事関連の業務について理解が深まりました。しかし理解が深まるにつれて、より現場に近い仕事がしたいと思うようになり、お客様の役に立っていることが直接的に実感できる教育業に携わりたいと思い転職を決意しました。 プレセナを選んだ理由は、妥協しない教材開発への姿勢がすばらしいと感じたからです。面接の中でも、面接官と一緒に教材開発の議論をしたのですが、その奥深さに魅力を感じました。 実際に入社後に担当している業務でも、教材開発の仕事があります。 ビジネススキルという漠然としたものを、仲間とともに議論を繰り返すことで明確にしていく過程はなんとも快感です。

現在の業務

私は主に教材開発と講師を担当しています。 教材開発業務においては人事系のコンサルタントであった経歴を活かし、組織文化に関する教材を作成したり、既存教材の新しいケーススタディを開発したりしています。教材の開発はこれまで経験したことがなかったですが、チームで開発をしていくので、比較的すんなりと業務を行うことができています。 また、講師としてお客様先に伺い、問題解決や論理思考の講義を行っています。教材開発と違い、その場で一人で研修を作り上げてくイメージです。毎回の受講生に合わせて講義の準備をして登壇しています。

やりがい

やはり、講師として講義を行った際に受講生のポジティブな反応を感じられるところにやりがいがあります。目の前の受講生が1日という短い時間の中で着実に成長していく過程を目にすると、自分の講義が役に立っていることを実感できます。
プレセナの研修は、顧客企業の階層、受講生の特性に合わせてカスタマイズをしています。また各回の受講生も違うため、1回1回の研修はまったく違うものになります。講師は教材という素材を使い、受講生とともにその場を作りあげてく仕事です。 受講生1人1人が成長できるようにその場を作ることは大変難しいですが、だからこそやりがいがあり、受講生が成長した際の嬉しさも大きいのだろうと思います。

最後に一言

プレセナには、営業・開発・講師に限らず、新規事業立ち上げなど、手を挙げれ ば何でもチャレンジできる環境が整っています。 現状に甘んじず、是非共に切磋琢磨して下さる方をお待ちしています。