コンサルティング型研修

コンサルティング型研修とは、実際の業務課題そのものを取り上げ、長期間受講者と講師で討議を行うことで、実際の業務に活かすアウトプットを作り上げていくスタイルの研修です。成果物は実際の会社の中期計画や、個人目標などにも反映されます。

プレセナのコンサルティング型研修では、まず始めに受講者に考え方のベースとなるスキルや知識を提供します。その後、宿題を出した上で数ヶ月に一度のペースで検討結果を持ち寄り、全員で討議を行って、次回に向けてのアクションプランを策定します。半年、一年と継続していく中で各メンバーの検討が具体化され、組織全体での共通言語の醸成、検討の進捗などを体感して頂ける点に特徴があります。