羽田良之

講師プロフィール

  • 栃木県出身、慶應義塾大学 法学部政治学科 卒業
  • アムステルダム大学 人文社会学科(国際法) 交換留学
  • マサチューセッツ工科大学(MIT) スローン経営大学院(MBA) 卒業
  • 日本政策投資銀行 調査役(バイスプレジデント)
    法人営業、新規事業設立企画、証券化商品投資、シンジケートローン、
    M&Aアドバイザリー(国内案件及びアジアを中心としたクロスボーダー案件)等の投資銀行業務に従事
  • その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

語学

  • 日本語(Native), 英語(Proficient), 中国語(Moderate)

主な講師歴と講師スタイル

  • 金融、商社、メーカー、小売、サービス、政府系機関等を中心に、「問題解決」「ロジカルシンキング」等を日本国内およびアジア各国にて幅広く担当
  • 米国ビジネススクールでの経験を生かし、MBA科目の他、経営戦略研修等も担当
  • グローバル人材育成支援のための研修用教材開発や社内講師育成等も実施
  • ビジネススクールで身に付けたアカデミックな知識と、価値観も利害も異なる関係者をまとめてファイナンス案件、国内外のM&A案件を成立させてきた現場経験を融合し、誰にでも分かりやすい説明と、知識やスキルを現場でいかに活用するかという視点で徹底的に考えさせるスタイルが高い評価を得ている。

ビジネススキル・人材育成に対する思い

ビジネスを進める上で、「何かを成し遂げたい」「思いを相手に伝えたい」という強い動機を実現させるために必要な考え方を「ビジネススキル」と捉えています。
「なぜビジネススキルを学ぶのか?」を深く問えば、それはスキルの習得だけでも、現場での実践だけでもないと考えています。
つまり、ビジネススキルというツールを使って「何かを成し遂げる」「思いを相手に伝える」ことが目的であり、その結果として、受講者の方々と所属される組織が、夢を実現させ、将来を切り開いていく姿に接することができれば講師としてこれ以上の喜びはありません。

クラス運営の方針

「徹底的に考えることを楽しむ」クラス運営を目指しています。
ビジネススキルを使いこなして夢を実現させるためには、考え方のベースを習得し継続的に実践することが大切ですが、そのためには、まずは受講者自身が「考えることの楽しさ」に気づくことが必要と考えています。
演習や議論、グループワークを通じて、どのように自分の仕事に活かすことができるか受講者自身が常に意識しながら取り組むことによって、自分ゴトとして考えることに思わずのめりこんでしまう、そのような環境を作ることに努めています。