門脇正明

講師プロフィール

  • 東京都出身
  • 早稲田大学 理工学部卒業
  • 三井物産にて投資支援業務、アパレルの生産受託及び管理業務、製紙原料の調達業務に従事
  • その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

語学

  • 日本語(Native)、英語(Proficient)、中国語(Moderate)

主な講師歴と講師スタイル

  • 豊富な海外経験、ビジネス経験を活かして幅広い業種のお客様に対して、「ロジカルシンキング」「ロジカルプレゼンテーション」「ロジカルライティング」「問題解決」などを担当
  • 分かりやすく親しみやすい講師として定評がある

ビジネススキル・人材育成に対する思い

組織に属していると多様な考え方が存在するため、人によって指導内容が異なることで苦労された経験をお持ちの方は多いのではないかと思います。私自身、上司と先輩の言うことが異なり迷走した経験が多々あります。
そういった環境でも目的に対し効果的に業務を行い、自身を守り、かつ成果を上げるためのツール、それこそが「ビジネススキル」であると私は考えています。
ビジネススキルは普遍的なモノであり、考え方のコツやポイントを掴めば誰でも習得・実践が可能です。受講者に寄り添い、徹底的にサポートすることで受講者皆さんの成長に寄与します。

クラス運営の方針

私がクラスを運営する際は、次の3点の実現に努めています。

  1. 受講者全員が内容を理解する
    理解力には個人差がありますが、クラス全体の様子に気を配り「受講者全員が理解する」研修を常に心がけています。誰も置いていきません。
  2. インプットとアウトプットの相互通行
    研修は得てしてインプットの一方通行になりがちですが、演習や受講者同士の議論を通じ活発なアウトプットを行う研修設計とし、インプットとアウトプットの相互通行になることを徹底しております。
  3. 現場での活用に向けた動機づけを行う
    研修で終わらせず、その先にある現場での活用を常に意識させ、「今日学んだことを使ってみたい!」と思わせる動機づけを心がけています。

結果として「この研修を受けて良かった」と実感していただけるよう、価値ある時間を提供してまいります。