北原孝英

講師プロフィール

  • 北海道出身
  • 日本大学 国際関係学部 国際関係学科卒業
  • 税理士事務所系の経営コンサルティング会社に入社し、多数の企業における経営改善指導を実施
  • 数年後に「現場経験のなさ」を克服すべく、厳しい訪問販売会社に飛び込む。3年の在籍で全国700名中2位の営業成績を記録。同時に管理職として多数の営業マンを束ねる
  • 現場経験を積んだ後、再びコンサルティング会社に復帰。株式会社日本経営システム研究所では教育研修事業部長として企業幹部の指導にあたる
  • 教育系ベンチャーのアルー株式会社では、エグゼクティブ・インストラクション・マスターとして、多くの企業で講師登壇する傍ら、社内講師の育成を担当
  • その後、2009年にプレセナ・ストラテジック・パートナーズ入社

主な講師歴と講師スタイル

  • 当社参画後は、21年に及ぶ講師経験を活かし、メーカー、商社、金融、流通など多くの企業で「問題解決」「ロジカルシンキング」といった思考系科目、「リーダーシップ」「部下指導」などのヒューマンスキル科目などの幅広い科目を担当
  • 『歯切れ良くテンポ良く繰り出される抜群のインストラクション技術』と『受講生に問いを投げかけ、受講生の内面から引き出し、物事の実相と本質に気づかせる』高度なインストラクション・スキルで、日本全国に数多くの『北原ファン』を持つ
  • 「パッション(情熱)とロジック(論理)の両立」を実現した ”熱い講義”が好評で、リピート依頼が後を絶たない

ビジネススキル・人材育成に対する思い

私はこと研修に関するすべてを愛しています。研修会場の雰囲気、受講生の皆さんの真摯な眼差し、そしてやり終えた時の皆さんの達成感、それらすべてを、私は心の底から愛しています。そして同時に、心の底から楽しんでいます。
私は20代の若い頃から、素晴らしい先生方にお会いする機会に恵まれました。その先生方の域に一歩でも近づきたいという思いで、この企業研修講師という仕事を続けています。私はまだ50代ですがもう一度生まれ変わってもこの仕事を選ぶことでしょう。私の研修を通じて受講生の皆さんが、自分自身の可能性の大きさに気づいていただけましたら、これに過ぎたる喜びはありません。
A・H・マズローはこう言っています。『人間の幸福は資質の顕現にあり』と。

クラス運営の方針

私の担当するクラスは、常に熱気に満ち溢れています。私は回答そのものを提示するというよりも、受講生の皆さんに示唆やヒントを与え、そこから皆さんの可能性を引き出して行きます。研修の主人公は講師ではありません。私は研修運営上の大きな『舵取り』はします。でも、研修の本当の主人公は皆さん方ご自身なのです。皆さん方、お一人お一人なのです。
近い将来、実際にクラスの中で皆さん方にお会いできる日が来ることを心待ちにしております。

『あなたの瞳の中には、三つの青い星がある。ひとつは潔癖であり、もうひとつは放蕩であり、さらにもうひとつは使命である。』
宮本輝『草原の椅子』より