小林偉斗子

講師プロフィール

  • 愛知県出身
  • 東京大学 工学部 社会基盤学科 国際プロジェクトコース 卒業
  • ボストン・コンサルティング・グループにて、通信、エネルギー、精密機械・化学等のメーカーや官公庁に対し、
    戦略策定から実行支援まで幅広い業務に従事
  • その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

語学

  • 日本語(Native), 英語(Proficient)

主な講師歴と講師スタイル

  • 幅広いコンサルティング経験を生かし、若手・中堅社員に対して「プレゼンテーション」、
    「問題解決」などの研修を担当
  • また、中期経営計画策定、新規事業立案などの支援経験を生かし、ワークショップなども担当
  • 明るく親しみやすい雰囲気作りを通し、クラス内で参加者同士が活発に議論することで、一方的に講師の話を聞くだけでは得られない腹落ち感を生み出すことを心掛けている。

ビジネススキル・人材育成に対する思い

私は、ビジネススキルとは「人の可能性を解放する鍵」であると思っています。 仕事に対して熱い想いや使命感があっても、うまく成果に繋げられずに苦労している方。一見仕事への情熱があまりないように見えても、実はやり方がわからなかっただけで、少しの後押しで見違えるほどに前向きになった方。そんな方々に多く出会ってきました。そんな方々の眠っている可能性が花開けば、企業が、社会が、必ず前進する、そう確信しています。

ビジネススキルは、それを学ぶこと自体がゴールではありません。ビジネススキルという道具を使い、一人一人が自らの仕事への「想い」をのせて、成果をあげていく。私は、ビジネススキルという「鍵」を普及させることで、一人でも多くの方の可能性を解放する後押しができればと思い、日々受講者の皆様と向き合っています。

クラス運営の方針

まずはクラス内での学びを最大化するため、受講者の方に積極的にアウトプットして頂く仕掛け・雰囲気作りを心がけています。講師の話を聞いているだけと比べ、自分で手を動かしたり人と議論をすると、何倍も学びが深まります。また研修中は、トライ&エラーの絶好の機会でもあります。研修での失敗は学びの機会と捉え、受講者の方がトライしやすい雰囲気作りを徹底しています。

そして研修が終わった後の学びの定着化に向け、実務での活用場面や意識付けの仕方を徹底してお伝えします。ビジネススキルは数日間の研修ですぐに使いこなせるような簡単な道具ではありません。一方で、使い続ければ必ず手になじむ道具でもあります。明日からの仕事のどこでこの道具を使おうか?と、想像を膨らませてもらうような設計を心掛けています。