森崎景子

講師プロフィール

  • 福岡県出身
  • 慶應義塾大学 法学部 法律学科 卒業
  • 東京ガス株式会社にて家庭用需要開発を目的とした不動産業界への法人営業に従事。標準ガスシステム導入のほか、燃料電池等の新規商材の導入やマンションブランドの企画支援等、クライアントの事業に踏み込んだ提案営業を行う
  • KPMGコンサルティング株式会社にて、エネルギー業界へのコンサルティングに従事。新規事業戦略、マーケティング戦略、ITシステム導入PMO、ロボティクス技術活用によるオペレーション改善等、幅広い問題解決を実施
  • その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

語学

  • 日本語(Native), 英語(Proficient)

主な講師歴と講師スタイル

  • エネルギー、インフラ、製造業、金融、コンサルティング業界において、「ロジカルシンキング」「問題解決」「戦略策定」「マーケティング」等を、日本国内およびアジア各国にて担当
  • 事業会社とコンサルティング会社の両方の経験を活かし、「普遍的なビジネススキル」を使いこなす価値とその方法について受講生が納得できるよう、具体例を交え指導する

ビジネススキル・人材育成に対する思い

仕事における困難に対し、「あの時はああするしか仕方なかった」「これはこういうものだから」と思考停止に陥ることはないでしょうか。ビジネススキルは、こうした困難の正体を知り、自身やチームの持っている力をフル活用し立ち向かうための「考え方」や「動き方」のことです。

さて、このビジネススキルを「学びたい!」と思わせるものは何でしょうか。私は「今、自分は何が足りないのか」「どうしたらもっと良くなるか」「このままじゃちょっとまずいんじゃないか」という、自分自身への問いや焦燥感であると思っています。自分の弱点に向き合うのは気が進まないことですが、具体的な問題に気づくことで、本気で焦り自分の頭で考えることができ、着実に一歩前に進めます。また、できることが増え視野が広がれば、「いつもできているか」「人に教えられるか」という新たな問いが生まれ、更なる成長のチャンスになると考えます。

受講生の皆さんがこの「学びの好循環」のもと一つでも多くのビジネススキルを体得し、業務で活用いただけるよう、私も日々自責を心がけながら人材育成に励んでいます。

クラス運営の方針

受講生の皆さんの学びを深め、実務における実践を促すため、以下の3点を実行しています。

まず、研修はトライアンドエラーの場であることを担保します。研修の場で間違いを恐れていては、学びは始まりません。躊躇することなくどんどん間違えてください。クラス全員がこのスタンスで研修に臨むことで、全体の学びが何倍、何十倍にも深く・大きくなると信じています。

次に、学んだことが実務において再現できるよう、徹底して問いかけます。演習の間違いには「どう考えた結果なのか」「どうすればよかったか」と思考のプロセスに着目して尋ね、受講生自身の気づきを促します。また、「これができないと自分の仕事はどうなるか」「できたらどんな良いことがあるか」についても具体例を交えながら議論し、スキルの価値と使い方を腹落ちさせます。

最後に、受講生の皆さんが「この人の話を聞いてみよう」「技を盗もう」と思えるような信頼関係を築きます。「デキるかもしれないけど嫌な奴」に弱みを見せ、教えを乞うような人はいません。

皆さんが私の講義を通じてビジネススキルに興味を持ち、実務においてどんどん活用できるよう、全力で指導します!!