高田貴久

講師プロフィール

  • 大阪府出身
  • 東京大学 理科Ⅰ類 中退、京都大学 法学部 卒業
  • シンガポール国立大学(NUS) Asia Pacific Executive MBAコース在学中
  • ギャラップ認定 ストレングスコーチ
  • 世界最古の戦略コンサルティングファーム、アーサー・D・リトル(ジャパン)において プロジェクトリーダー・教育担当・採用担当を努める。クライアントであった、マブチモーター株式会社へ転職。 社長付 兼 経営企画部付・事業基盤改革推進本部 本部長補佐として、改革を推進。ボストン・コンサルティング・グループを経て、2006年にプレセナ・ストラテジック・パートナーズ設立
  • 元グロービス・マネジメント・スクール「クリティカルシンキング」「戦略マーケティング」講師、早稲田大学エクステンションセンター「問題解決」「ファクトベース思考」「企画立案」講師
  • 東洋経済新報社「Think!」、プレジデント社「プレジデント」などへの寄稿も多数。著書に10版増刷のベストセラー「ロジカル・プレゼンテーション」(英治出版)、「問題解決」(2013年 英治出版)、「ロジカルプレゼンテーション就活」(2015年、日経HR)

語学

  • 日本語(Native), 英語(Proficient)

主な講師歴と講師スタイル

  • トヨタ自動車の問題解決教材開発・社内講師育成を担当する他、幅広い企業において経営幹部育成のための選抜型ミニMBAコース、ワークショップ型研修、階層別研修などを、日本国内およびアジア各国にて担当
  • 元グロービス・マネジメントスクール講師 「クリティカル・シンキング」「経営戦略・マーケティング基礎」
  • 早稲田大学オープンカレッジ講師 「ビジネスで使える問題解決の理論と実践」など
  • 書籍執筆・寄稿 英治出版 『ロジカル・プレゼンテーション』 20,000部増刷中、東洋経済新報社 『Think !』、 プレジデント社 『PRESIDENT』  等多数
  • 受講者の発言を「受け止め」、「気付かせ」、優しく教えるスタイルに定評がある。コンサルティングファーム・事業会社・そしてベンチャー起業家の3つの経験から、受講者の様々な悩みに対して講義の枠を越えた実践的なアドバイスを提供している。

ビジネススキル・人材育成に対する思い

「何がわからないから、わからないのか」。世の常識、与えられた知識を当然のものとして受け取るのではなく、素朴な疑問を持って考え続けることで、ビジネスの本質は見えてくると考えています。「何となく、身体で覚える」のではなく、「きっちりと、言語化して」理解することが、ビジネススキルを体得する上では大切であると考えています。

クラス運営の方針

講師として壇上に立つようになり15年以上が経ちましたが、常に心掛けていることは「初心生涯」です。新人研修で登壇するなら、自分が新人だった頃の「初心」を思い出す。管理職研修なら、自分が初めて部下を持った頃の「初心」を思い出す。役員研修なら、自分が起業し初めて社長になった頃の「初心」を思い出す。そして常に、「人の前に立つこと」の責任感と感謝の気持ちを忘れない。

「あなたに言われたくない」と言われてしまったら、講師はおしまいです。「教える」とは、人の前に立つこと。自分自身が努力し、成長することは、大前提。その上で、時間が限られたクラスの中で、いかに受講者と信頼関係を構築し、本音で議論が出来る環境を作るかが、クラス運営の鍵だと考えています。

自分の講師スタイルを一言で言えば「レシーバー」です。講師が厳しく攻撃的に受講者を指摘するスタイルもあるかもしれませんが、相手に気付きを与えるためには、相手の発言を拾い上げ、解釈し、意味を問い直す方が、効果的であると自分は考えています。しっかり納得して考えさせる。これが私の方針です。