富沢裕司

講師プロフィール

  • 群馬県出身
  • 日本工業大学大学院 客員教授、Gallup(米国)認定ストレングスコーチ
  • 青山学院大学 経済学部 経済学科卒、米国公認会計士(試験合格)、ITストラテジスト
  • 三洋電機株式会社にて、半導体事業の欧州営業拠点長(在ドイツ)として営業活動、経理財務、IT、総務人事など、幅広い業務を担当、統括
  • 株式会社経営共創基盤にて、グリーンエネルギー事業への投資案件や、各種ハイテクメーカーの事業計画策定、経営改善等の経営コンサルティング業務に従事
  • マブチモーター株式会社にて、営業本部における管理・企画部門のマネジャーとして、用途事業戦略策定や、販売計画の立案と分析、人材育成などの業務に従事
  • その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

語学

  • 日本語(Native), 英語(Proficient), 中国語(Moderate)

主な講師歴と講師スタイル

  • グローバル企業における中期経営計画立案、ビジョン構築、行動指針策定、事業戦略立案のワークショップで講師兼ファシリテーターとして経験多数
  • 若手から管理職クラスまでの幅広い層に対し、「ロジカルシンキング」、「問題解決」、「プレゼンテーション」、「リーダーシップ」、「アカウンティング」、「経営戦略」などの研修を、日本国内およびアジア各国にて担当
  • 早稲田大学エクステンションセンター「よく分かる!アカウンティング」、「よく分かる!経営戦略の作り方」講師
  • 日経BP課長塾にて「問題解決」、「戦略立案」を担当
  • 海外拠点長を含む事業会社・コンサルティングファームでの豊富な実務経験に裏打ちされた、実務視点での熱い指導に定評がある

ビジネススキル・人材育成に対する思い

マンネリや現状肯定は、変化の速い現代において致命的です。「このままでよいのか?」という問いに、具体的な答えを出すための思考力が、今後ますます必要になると考えています。また、国際化を通じて企業間連携の必要性が高まる中、社員のコミュニケーションスキル強化は急務であると認識しています。事業会社の海外拠点長や管理・企画部門マネジャーとして、国内外の実務・人材育成に携わってきた経験を活かし、人材育成という側面からクライアント企業様のグローバル化・発展に貢献したいと願っています。

クラス運営の方針

ビジネススキルのクラスには3つの目的があると考え、その実現を目指しています。
1つ目は、受講者自身がクラスの主題であるスキルを深く学ぶこと。
2つ目は、受講者自身が担当業務に対する意識を高めること。
3つ目は、受講者同士の仲間意識を醸成すること。
これらが高いレベルで実現されるよう、情熱とロジックをもって受講者を巻き込んでいきます。