不文律

研修の目的

問題解決スキルを使って正しい対策を立てたはずなのに、その対策がなかなか進まないということがあります。
問題解決の検討にミスがあるなら、改めて問題解決スキルを使って再検討すべきでしょう。しかし、論理的には間違いないはずなのに、対策が進まないとしたら、そこには暗黙の了解や思い込みなどの、多くの不文律が存在しています。

例えば、「パワハラによる退職者が出たためパワハラホットラインを設置したが誰も利用しない」としましょう。相談者のプライバシーが漏れてしまったために誰も使わなくなったということならば、なぜプライバシーが漏れたのか、どうすれば漏れないのかという問題解決の検討をすべきです。
しかし、社員の間に「パワハラホットラインを使うと、昇進が遅れるらしい」といった噂話が流れているのせいで誰も相談しないとしたら、論理的問題解決アプローチでは解決できません。

本講座は、このような不文律を見つけ出し対処方法を考えられるようになることを目的としています。

講座の特徴

不文律は暗黙の了解や習慣など、そもそも無意識に根付いてしまっていて、その存在自体を発見することが難しいものです。そこで本講座では不文律のパターンや発生メカニズムなどを学び、まずは不文律の存在に気づけるようになります。

その上で、不文律が対策に与える影響を理解し、正しく対策が進むように不文律に対処する方法を学びます。

タイムスケジュール

対象層

変革を主導する立場にある管理職

施策を着実に実行することを求められる若手・中堅社員

過去の導入実績企業

大手保険サービス業
管理職研修
大手人材派遣業
管理職研修
大手アパレルメーカー
部長職研修