綿田昇太

講師プロフィール

  • 大阪府出身
  • 京都大学 経済学部卒業
  • IBMビジネスコンサルティングサービス 人事/組織コンサルタント
    -業務プロセス変革(後継者選抜・育成業務構築、間接業務集約化、営業プロセス変革等)を実施
    -能力定義、研修体系定義、研修開発・運用、能力評価を実施
  • NPO教育法人 CVS Leadership Institute 理事 (継続)
    -年間100名の学生にアメリカ・メキシコでビジネスセミナーを実施(教育・IT部門統括)
  • その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

主な講師歴と講師スタイル

  • メーカー、教育業等で、「ロジカルシンキング」「ロジカルライティング」「問題解決」「コーチング」等を担当
  • 新入社員向け「リサーチスキル」「インタビュースキル」「マーケティング」「提案力」等を担当
  • 大手総合商社で、海外拠点及び中途入社社員に対する経営理念浸透のための研修開発に参画

ビジネススキル・人材育成に対する思い

ビジネス環境の急激な変化に対応するため、多くの企業が変革を成し遂げようとしています。私自身も、コンサルタントとして、様々な変革に携わって参りました。
しかし、その中で痛感したことは、制度やルールだけでなく、人の意識や働き方も変わらなくては効果が出ないということです。
人はこれまでの成功体験や事例に基いて物事を捉えがちですが、変化の激しい昨今では、過去事例がそのまま当てはまらないことが多々あります。
重要なのは、過去事例そのものではなく、それがどのように生み出されたのかを考え、今に生かすこと、また、今何が起こっていて、その真因は何なのかを、深く考え抜くことであると確信しています。さらには、そこから導かれる打ち手を、関係者に誤解なく伝えて合意形成することも、変革には欠かせません。
私は、受講者一人ひとりが、深く考え・伝えるスキルを身につけ、変化をバネに成果を出していただけるよう、日々研究を怠らず精進して参ります。

クラス運営の方針

「研修は研修」ではなく、実務で使えるようになることをゴールとし、各パートを以下の方針で運営しています。

  • 導入:積極的に学んでいただけるよう、「何を」学ぶのかだけでなく、「なぜ」学ぶのかにフォーカスする
  • 演習:現状何ができていて何ができていないか気づいていただけるよう、問いかけ・指摘を工夫する
  • 要点説明:スキルと実務の繋がりがわかるよう、受講生に合わせた様々な具体事例を交えて解説する
  • 個別対応:翌日から実務で使えるよう、受講者の経験や悩みを引き出し、経験談を交えてアドバイスする