ウェブラーニング事業

 

リーディングカンパニー向けの集合研修を、webで再現

日本を代表するリーディングカンパニーにおいて数多くの集合研修(※)を実施してきた知見に基づき、プレセナのウェブラーニングPLS(Precena Learning System)には学習効果を最大化するための手法が取り入れられています。それによって、webであっても個人が深く学ぶことができます。

・集合研修と同様の、体系化されたラーニングポイントに基づくカリキュラム
・動画の流しっ放しではなく、自分の考えを入力しながら学ぶ1.5Way型の学習
・個人の理解度を測定し、理解度に合わせてコンテンツを動的に変更

※ 取引実績につきましては会社概要をご確認ください。

PLSとは

育成の目的に合せて、カスタマイズ可能

集合研修でも実績のある数多くの学習モジュールを組み合わせることで、育成の目的に合せた最適なカリキュラムをご提案します。例えば以下のように、育成課題や業種に合せて学習内容をカスタマイズできます。

例1.与えられた課題を解決する力を身に着けさせるか、そもそもの課題を見出す力を身に着けさせるか
例2.ロジカルシンキングの応用として「文書の書き方」と「相手への伝え方」のどちらを学ばせるか
例3.ケーススタディのテーマを飲食業にするか、小売業にするか

また、オープニング動画等のお客様向け専用動画を作成・追加することができます。受講者への動機づけを行ったり、実務的なアドバイスを加えることが可能です。

逃がさずに考え抜かせ、繰り返し学習が可能

一般的なeラーニングのように動画を流し見ただけでは、学習を終えられません。学習過程の不規則なタイミングでテキストボックスに自分なりの考えを入力する必要があり、テキストボックスの内容や学習の進捗は、研修事務局が専用画面で確認できます。必要に応じて、真面目に受講するよう受講者を促したり、期限をリマインドすることが可能です。

受講開始から1年間、何度でも繰り返し学習ができます。研修の事前・事後課題に取り組むタイミングや、実務で必要なシーンに直面したときなど、1年間いつでも、必要なときに再学習することが可能です。